個人情報漏えいの危険性!薬剤師転職においてトラブルに巻き込まれないための方法

個人情報漏えいの危険性!薬剤師転職においてトラブルに巻き込まれないための方法

 

 

【はじめに】

 

薬剤師だけでなく、転職の際に気をつけたいのが個人情報のトラブル。最近ではコンサルティング型の転職方法も増加傾向にあり、それに伴い個人情報の漏洩もしばしば問題になってます。

 

多分自分は大丈夫と思うのではなく、しっかりと対策することが大切です。ここではそのトラブル内容と対策についてご紹介します。

 

【個人情報に関わるトラブル】

 

薬剤師転職の個人情報に関わるトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか。

 

ひとつは、自分が人材紹介会社に提出した経歴書が外部の人に勝手に見られたというもの。転職を考えていたAさんは、便利だと思いコンサルティング型の転職サイトに登録しました。

 

その後、経歴書を送り、転職を進めていたのですが、突如知り合いの経営者から電話がかかってきて、「転職するならうちにこないか?」と言われたそうです。

 

この方は、転職していることを他の人には告げていないにもかかわらず、勝手に電話がかかってきたのです。担当者に聞いてみると、その経営者がたまたま人材紹介会社に行った時に、おいてあったAさんの経歴書を見た、ということなのです。

 

このケースの場合、まだ知り合いであったことが救いですが、この状態からいつ誰に経歴書が見られるか分からない、ということです。

 

【対策】

 

こういったトラブルを避けるためには、どのような対策を行えばいいのでしょうか。そもそもはじめからこういった会社は排除しておく必要があります。

 

コンサルティング型のサイトを経営しているところには色んな会社があるため、トラブルに巻き込まれないためには、大手企業を選ぶのも一つの方法です。

 

【さいごに】

 

トラブルに巻き込まれてからはもう遅いこと。事前にそういったものに巻き込まれないように、しっかりとした会社を選ぶことが非常に大切になります。その際の一つの基準として、大手企業にお願いするのも一つでしょう。

 

ゼファルリン